【今すぐ結婚したい人たちへ】

11837

朝から、心理テストである。

あなたは今から、20人の異性と順番にお見合いします。

ここでルールがあります。

1 結婚を申し込んだとき、相手から断られることはないものとする。

2 結婚を申し込めるのは、一度だけ。

3 一度断った相手とは、二度と会えない。

さてここであなたは、できる限りベストな異性と結婚したいと思いました。

こんなとき、あなたなら、どうしますか?

 

合計20人も居るのだもの・・・1人目がどんなにステキでも、ベストな異性だと決められないのが性だろう。でも、最後の20人目に賭ける勇気もない・・・それが、とんでもなかったら、その後悔の程は、どれくらい深い傷になることだろうか。この心理テストの模範解答は、「ズルズル・・・ダラダラ・・・で、何も決められない性質の人達」にとっては、とても参考になる。

 

【模範解答】は、こうである。

<1> 最初の5人は、どんな異性であろうと断る。

<2> 6~10人目の相手が、それまでの「1位」なら、その人と結婚する。

<3> 11~13人目の相手が、それまでの「1位か2位」なら、結婚する。

<4> 14~15人目の相手が、それまでの「3位以内」なら、結婚する。

<5> 16人目が、それまでの「4位以内」なら、結婚する。

<6> 17人目が、それまでの「5位以内」なら、結婚する。

<7> 18人目が、それまでの「7位以内」なら、結婚する。

<8> 19人目が、それまでの「10位以内」なら、結婚する。

<9> 20人目まで結婚しなかったら、20人目と結婚する(しかない)。

 

「心理学ステーション世界一セクシーに心理学を学べるサイト」の解説によると、この方法を使えば、「平均して」3位以内の人と結婚できるという・・・。「平均して」3位以内というところが、ミソだ。模範解答の<5>のあたりからは、「4位以内」なら、「5位以内」なら、という選択になるので・・・、ズルズルいくほどに、結果は、妥協の産物になるわけだ。

 

この模範解答を一言でまとめると、『半分くらいで決めちゃうことが肝心』ということだ。ビジネスでも、結婚相手探しでも、選択した「ベスト」が、本当にベストかどうかは、選択した後の行動が決めることになる。なので、選択した段階での1番か、2番か、3番かなんて差は、あまり意味がない。「半分ぐらいで決めちゃうという期間限定の選択」&「それを後悔することなく前進させること」が、1番良い生き方に繋がるというわけだ。

 

結婚相手なんて理想を言えばキリがない。それを追えば、自分を棚に上げて、ズルズル、ダラダラ、無駄な時間を過ごすことになる。ビジネスの選択も、 最初から完璧なビジネスモデルなんてない。天職なんてものを経験もないのに最初から選べるわけがない。「良いビジネスモデルにする」「天職にする」主体性と行動が大切なわけである。

 

選んだのなら、「乗っかる」。手を打ったなら、「見守る」。ズルズル・・・ダラダラ・・・のまま年をとる人ほど、「不支持」の理由ばかり語りたがる。「不支持」の力が、家庭やビジネスの行く末を決める構造は、結局、「後悔」ばかりが先にたって事が前へ進まなくなるのだ。

 

7

ここから先は会員様のみ限定となっております。
ログインするか、新規会員登録を行って下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事 & コメント

  • banner

Comments are closed.

Popular tags

いますぐ使える企画書 修治コラム 紀行文 遊びながら学ぶ企画書