【ヘソを舐めて生きる】

1311

世界は広い。自分のペニスを咥える芸を披露する曲芸師がいるのだそうだ。しかし、ヘソは絶対に無理なのだという。人間の身体構造から考えても、どうやっても「ヘソを噛む」ことはできないらしい。そんな物理的状況から「臍(ホゾ)をかむ」という慣用句が生まれている。なんとかしたいが、絶対にどうにもできない状況を、昔の人は、こんな言葉に集約した。

 

これを、もう少し深く読み解きたい。「ヘソ」は、ほぼ身体の中心にある。胎児であったころの私達は、「ヘソ」を通じて母体とつながり、生命を維持していた。考えてみれば、凄く本質的なところであるのに、生まれた後は、ほぼ何の役割もなく、身体の真ん中に居座る。今晩にでも、じっくりと自分の中心にある「ヘソ」を観察して欲しい。その頭を垂れた自分の姿と、「ヘソ」との間に生まれるメッセージに気づくはずだ。

 

人間は、自分の真ん中を、頭を垂れることでしか見ることができない。また、そこは、どんな世界なのか、自分自身では、噛むことも、舐めることもできない。永遠に届かないものを身体の真ん中に据えて、人間は、営々と毎日を過ごしているのである。

 

人間の知性とは、知識の量で決まるのではない。ましてや、偏差値でもない。学歴や、年収が、知性を測る基準ではない。「知性」とは、人間のことやら、自分のことやら、組織のことやら、世界のことやら・・・答えのでないことを考え続ける能力のことであり、考え続けられる性質のことである。永遠に届くことのない「ヘソ」を、常に、頭を垂れて覗き見、舐めようとする行為こそ、知性そのものではないか・・・。

 

私の知る限り、素敵な経営者は、皆さん「ヘソを舐めている」。素晴らしい経営判断の裏には、いつも自問自答する姿がある。その英断の向こうに、また次の答えの出ない問いを設定されている。ご立派っ。不動のステータスとは、ヘソを舐めるような、自問自答のプロセスを積み重ね、築かれるものである。合理的に、お金を右から左へ動かして獲得したステータスは、砂上の楼閣である。だから、金満家のヘソは、大概、その贅肉のために、舐めるどころか、見えなくなっている。

 

5

ここから先は会員様のみ限定となっております。
ログインするか、新規会員登録を行って下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事 & コメント

  • banner

Comments are closed.

Popular tags

いますぐ使える企画書 修治コラム 紀行文 遊びながら学ぶ企画書