【「人間だもの」を考えようよ!】

2465

反論もあることを承知の上で言わせていただく。あの居酒屋の、あのヒトの家のトイレに必ず貼ってある、あの説教くさい「相田みつを的」日めくりカレンダーを見ると、気持ちがどんよりする。何故なのだろう。その便所のご教訓は、本当に、いま必要なのか。

相田みつをさんや武者小路実篤さんの生き様や表現活動にケチをつけるつもりは、毛頭ない。ただ、その魂の籠もった言葉をトイレに掲出しちゃうような、ぬるーい心構え自体に、ダメな臭いがプンプンするのは、私だけなのか・・・。

この世は
わたしがわたしになるところ
自分が
自分に
なりきる
ところ
確かに心地よいっ・・・。が、しかし、この珠玉のコトバの数々を、薄っぺらいシンパシーで良しとすると、ただの思考停止につながるのではないか。辛い目にも逢い、挫折も味わい、心が何度も折れた経験を繰り返し、辿り着いたコトバであっとしたら、そのヒトは、このコトバを心にしまう。決して、トイレに飾ったりしないと思う。

相田みつを氏は、たくさんの苦労をされた。「内側」と「外側」の葛藤し、悶え苦しんだ結果として、「内側」に向かいましょうという言葉を紡ぎ出した。しかし、ぬるい人達は、そんな過程もそっちのけで、安心したり、癒されたり。ぬるい人達の共感の輪を拡げていく。みんなが「あぁぁぁ、それでいいのか」「だって、人間だものなぁぁぁぁ」って、用を足している。トイレで、パンツ脱いで、ウンコして・・・そんな無防備な姿で、自分の甘さを認めてどうなる。そのぬるい状態で、パンツを上げて社会に出ても、きっと何も変わらないだろう。

評論家の佐高信氏は言う。「相田と相田の信者は心外だと言うかもしれないが、彼らはリッパに日本を悪くする片棒をかついできた」と。便所の日めくりカレンダーの教訓で救われるのは、そういうコトバで、人間をぬるーくする経営者や政治家である。社会人としての個を押し殺し、政治や会社への怒りを封じ込めようという働きになると懸念している。なるほど、一理ある。

自分の「内」を重視する教訓が、本当に役に立つのは、自分の「外」と真剣に闘ったヒトだけだ。ぬるい人達が、トイレで無防備に「人間だもののぁぁぁぁ」と感心する毎日が、そのヒトを取り巻く社会を良くするとは思えない。

人間は、「内」も「外」もあって人間だ。「外側」の評価と「内側」の評価をイコールにすることに悪戦苦闘するのが人生だ。「私になる」とは、「公になる」と、同等だ。

ヒット映画『20世紀少年』の原作者・浦沢直樹氏は、週間ポストのインタビューで「万博や昭和へのノスタルジーが全て良しとする風潮を壊したかった=いじわるしたかった」という旨の発言をしていた。ノスタルジーって、結局、懐古趣味で、その行き着く先は「自己愛」だ。偏った「自己愛」が、歪んだ未来を創るお話なのだ。

T.REXが唄う懐かしい主題歌「20th century boy」は、次のように終わる。I’m your toy, your 20th century boy♪俺はキミのオモチャなんだよ。キミの20世紀の坊やなんだ。

ちゃちな「自分教」より、やるべきことがある。そうしないと、我々は、真の21世紀が迎えられない。

「内側」に向かへというコトバに癒される前に、やるべきことがある。そうしないと、いつまでたってもこの国は、自分教に心酔する少年ばかりになる。「内側」に向かいたくなる自分の弱さを認める。そのメリットは、「強くなる」しかない。便所でのぬるい自己容認は、何のメリットもない。それこそ辛気くさーい説教の文句にしかならない。そのおっさん臭さを、21世紀のリアルな少年達は、敏感に嗅ぎ取っている気がする。

8



関連記事 & コメント

Leave a Comment

Popular tags

いますぐ使える企画書 修治コラム 紀行文 遊びながら学ぶ企画書