banner
banner
banner
banner
banner
10

【毎年のことだけど・・・】

中村 修治

毎年のことだけど、バス停に向かう途中の大きなサクラが開花している。4月を目の前に就職や入学が重なるこのタイミングに咲くサクラ。思い出とともに咲き乱れる。日本人は、年度の変わり目を、いつもサクラと過ごしてきた。   毎年のことだけど、自然とは容赦ない。ワタシたち ...

2014年6月14日
0
1942
9

【催眠術は馬鹿にはかかりません】

中村 修治

「催眠術は馬鹿にはかかりません」と言って催眠術師は、術を始める。常套句である。そうすると「自分は馬鹿ではない」と思う人たちが、面白いように術にかかる。そういう知性的な自意識によって催眠術にかかる方向への無意識なドライブは加速される。   記者会見会場にいる記者 ...

2014年6月14日
0
3358
8

【昔は良かったなんて幻想である】

中村 修治

少年犯罪データベースによると、昭和30年代後半≒「三丁目の夕日」の街で起こる未成年の殺人犯罪率は、現在の3倍以上なのである。狂う子供は、今も昔も居る。結局、体感している治安っていうのは、いい加減なもので・・・大部分が実体験ではなくマスコミによってもたらされているのである ...

2014年6月14日
0
4060
7

【今すぐ結婚したい人たちへ】

中村 修治

朝から、心理テストである。 あなたは今から、20人の異性と順番にお見合いします。 ここでルールがあります。 1 結婚を申し込んだとき、相手から断られることはないものとする。 2 結婚を申し込めるのは、一度だけ。 3 一度断った相手とは、二度と会えない。 さてここであなた ...

2014年6月14日
0
8390
6

【背骨で泣いて、背骨で笑う。】

中村 修治

豪快なマサカリ投法でプロ野球界を席巻した村田兆治さんは、1990年に引退。その後、プロ野球解説をしながら、20年にわたり離島の子供達に野球を手弁当で教えてまわるという活動をされている。そして、プロ野球のOBで構成されるマスターズリーグでは、現役顔負けの140キロの球をい ...

2014年6月14日
0
1890